So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ロバート・クラフト / クエイク・シティー [CD]

RobertKraft_QuakeCity.jpg
1989年リリースです。2010年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。お手頃価格に惹かれたようでした。

アルバムは、ジャジーでお洒落なポップスといった感じのものでした。質感はベン・シドランあたりに近い印象でした。全曲自身の作編曲のようでした。リック・マロッタ、デイヴ・チェンバレン、ロバート・クラフト、ニック・ブラウンといった面々が参加していました。

曲としては、ニック・ブラウンのギターソロが聴ける「Quake City」、ジャニス・シーゲルとのデュオ「Rubber Neckin'」、リズムパターンが洒落ている「Eliza」、デイヴ・チェンバレンのベースソロが聴ける「Christmas In Kyoto」といったあたりは、それなりに気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
クエイク・シティ (生産限定紙ジャケット仕様) Limited Edition
クエイク・シティ


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽