So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

デヴィッド・ベノワ / ビル・エヴァンスからの手紙 [CD]

DavidBonoit_LetterToEvan.jpg
1992年リリースです。2011年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。この人のものは基本ウェルカムだったようでした。

アルバムは、落ち着いた雰囲気のジャズ寄りのフュージョンものといった感じでした。デヴッド・ベノアのリリカルなピアノは健在でした。ピーター・アースキン、テリ・リン・キャリントン、アル・フォスター、ジョン・パティトゥッチ、スティーヴ・ベイリー、チャーネット・モフェット、デイヴ・イーノス、デヴィッド・ベノア、ピーター・スプレグ、ラリー・カールトン、ドリ・カイミといった面々が参加していました。

曲としては、しっとり仕上げたイヴァン・リンスの「The Island」、リリカルなピアノとパーカションがマッチした「Things Are Getting Better」、デヴィッド・ベノアとラリー・カールトンのしっとりデュオ「Spring Can Really Hang You Up The Most」、ピーター・スプレグのギターソロが冴える「Take 6」、ラリー・カールトンのジャジーなギターソロが聴ける「Blues At Sunset」といったあたりは、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
ビル・エヴァンスに捧ぐ Limited Edition
Letter to Evan Import
ビル・エヴァンスからの手紙


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。