So-net無料ブログ作成
検索選択

Manish / Individual [CD]

Manish_Individual.jpg
1994年リリースです。2009年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。格安価格に惹かれたようでした。

アルバムは、前作の路線を踏襲しつつ曲調にバリエーションを持たした感じでした。編曲は前作同様に明石昌夫で、大半の作曲はメンバーの西本麻里が担当していました。バックは打ち込みリズムに、西本麻里のキーボードと鈴木英俊のギターを重ねたもののようでした。小野塚晃がキーボードで参加していました。

曲としては、産業ロックっぽいアレンジが印象的な「だけど 止められない」、軽快なリズムにハードなギターリフが絡む「明日のストーリー」、デヴィッド・フォスターがプロデュースした頃のシカゴ的なバラード「もう誰の目も気にしない」、バックのアコギのストロークが効果的な「いつでも君に会いたかった」といったあたりは、それなりに気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
INDIVIDUAL


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽