So-net無料ブログ作成

Various Artists / 雨音はショパンの調べ ~松任谷由実作品集 [CD]

雨音はショパンの調べ.jpg
1997年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。お手頃価格に惹かれたようでした。

アルバムは、1977年から1992年の間にユーミンが他アーティストに提供した曲を中心にセレクトされたものでした。作詞作曲が6曲、作詞のみが5曲、インスト曲の作曲が1曲という構成でした。提供曲だと松田聖子の印象が強いせいか、作曲家としてのイメージがありますが、作詞家としても結構需要があることを知りました。

曲としては、ソフト&メロウ路線の南沙織「ミッドナイト・シンデレラ」、軽快なシティポップ路線の堀川まゆみ「熱帯性低気圧」、ユーミン版をかなり忠実にカバーした松田聖子「恋人がサンタクロース」、レアなロングヴァージョンの小林麻美「雨音はショパンの調べ(12インチ)」といったあたりは、気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
雨音はショパンの調べ~松任谷由実作品集


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ブレッド&バター / アライヴ 1969-1996 FOOTPRINT [CD]

Bread&Butter_Alive.jpg
1996年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。このグループのものは見れば買いと決めていたようでした。

アルバムは、1969年のデビュー曲から1992年までにリリースされたシングル曲からのセレクトに、新曲2曲を加ええたベスト盤でした。新曲2曲はデビュー曲などを手がけた橋本淳・筒美京平コンビによるものでした。

曲としては、鈴木茂のギターソロが聴けるスウィートな「TROUBLE LADY」、アコギソロがムーディーなソウルバラード「トゥルー・ラブ」といった新曲は、それなりに気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
ALIVEー1969~1996フットプリント


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ルパート・ホルムズ / ルパート・ホルムズ [CD]

RupertHolmes_RupertHolmes.jpg
1975年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。音源はすべて持っていましたが、完全限定盤の文字にやられたようでした。

アルバムは、センス溢れるシンガーソングライターものといった趣のものでした。曲のクオリティはもちろんのこと、シンプルながら洒落たサウンドが魅力的でした。スキップ・リード、ロン・アルタヴィレ、ルパート・ホルムズ、コロネル・ジミー・キャッシュカート、ジミー・アカーディ、ディーン・バイリンといった面々が参加していました。

曲としては、しみじみしっとり系「You Burned Yourself Out」「Studio Musician」、イントロに御本家を持ってくるセンスが秀逸な「I Don't Want To Hold Your Hand」、洒落た曲調がいかにも的な「Everything Gets Better When You're Drunk」、ストリングスが効果的な「The Man Behind The Woman」といったあたりが、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
ルパート・ホルムズ(紙ジャケット仕様) Limited Edition, Original recording remastered


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

マーク・ジョーダン / クール・ジャム・ブラック・アース [CD]

MarcJordan_CoolJamBlackEarth.jpg
1996年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。「ライヴ・アット・エル・モカンボ+1」を購入する際に、これもと思ったようでした。

アルバムは、しみじみ系の楽曲にアーシーなサウンドが乗ったものでした。曲そのもののクオリティはそれなりにあるようでしたが、サウンド的には守備範囲外といった感じでした。バックはカナダのミュージョシャンが参加しているようでした。

曲としては、バックの歪んだギターがしみじみ度を増す「Let Me Be Your Boat」、カントリー風味の「Runaway Heart」、渋いギターソロが聴ける「Flowers For Jane」「Faith」といったあたりは、それなりに気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
クール・ジャム・ブラック・アース


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

マーク・ジョーダン / ライヴ・アット・エル・モカンボ+1 [CD]

MarcJordan_LiveAtElMocambo.jpg
1980年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。いい機会と思ったようでした。

アルバムは、1980年のライヴ模様を収録したもので、溌剌とした演奏が楽しめるものでした。ファースト「マネキン」から1曲、セカンド「ブルー・デザート」から4曲、新曲5曲というセレクトでした。新曲のクオリティもかなりのものでした。バックはカナダのミュージシャン主体の編成のようでした。

曲としては、ギターソロがフューチャーされた「Secrets」、スタジオ盤の雰囲気を上手く取り入れた「I'm A Camera」「From Nowhere To This Town」、巧みなメロディ作りが光る「You're Not Greater Than God」、スタジオ盤よりも勢いを感じる「Survival」といったあたりが、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
ライヴ・アット・エル・モカンボ+1 Live, Original recording remastered


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フル・ムーン(ラーセン・フェイトン・バンド) / フル・ムーン・ライヴ [CD]

FullMoon_Live.jpg
2002年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。リリース当時は借り物の音源で済ましていましたが、所有するいい機会と思ったようでした。

アルバムは、秘蔵ライヴ音源集といった感じで、1980年のものが1曲と、それ以外が1983年のものでした。音質は悪いですが、当時の勢いのある演奏が楽しめるものでした。収録曲も未発表曲1曲以外は、ラーセン・フェイトン・バンドの2枚のアルバムやニール・ラーセンのソロアルバムでお馴染みの曲ばかりでした。アート・ロゴリゲス、ヴァーノン・ポーター、ニール・ラーセン、バジー・フェイトン、レニー・カストロといた面々が参加していました。

曲としては、ギターとオルガンの掛け合いが聴ける未発表曲「Message From Beyond」、スタジオ盤よりもバジー・フェイントンのギターを前面に出した「Futurama」、定番曲のライヴバージョンが楽しめる「Further Notice」「Phantom Of The Footlights」「Sudden Samba」といったあたりが、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
フル・ムーン・ライヴ


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

馬の骨 / 馬の骨 [CD]

馬の骨_馬の骨.jpg
2005年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。聴きたいと思っていたキリンジ関連ということで、これ幸いと思ったようでした。

アルバムは、キリンジよりもサウンドをシンプルにそぎ落としたオリジナル曲にカバー曲を加えた構成のものでした。堀込泰行のペンによるハイセンスな楽曲は、ここでも光っていました。小松シゲル、沖山優司、渡辺シュンスケ、堀込泰行といった面々が参加していました。

曲としては、歌詞の冒頭から堀込ワールド全開の「最低速度を守れ!」、しみじみ系「燃え殻」、堀込泰行の味のあるギターソロが聴ける「枯れない泉」、ストリングスのリフが印象的な「Red light, Blue light, Yellow light (Album Version)」、確かな演奏が曲を支える「季節の最後に」といったあたりが、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
馬の骨


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

プリズム / DREAMIN' [CD]

Prism_Dreamin'.jpg
1986年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。このグループのものは見れば買いと思っていたようでした。

アルバムは、ハードかつプログレ風味のロックインストものといった感じでした。歌モノも含まれていました。メンバーは和田アキラと渡辺建の2人で、相変わらず見事な演奏を聴かせていました。他に、木村万作、松浦義和、深町純といった面々が参加していました。

曲としては、4ビートに乗ったハードなギターソロが聴ける「Dancin' Infinitely」、メロディアスなベースとハードなギターという鉄板の組み合わせが堪能できる「Take Off」、イントロのアルペジオギターのリフがいかにも的な「Le Perfume」、ドラマティックな盛り上げを見せる「I Thought That It Was (Dreamin' & Dancin')」といったあたりは、気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
Dreamin’
DREAMIN’


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

小泉今日子 / anytime [CD]

小泉今日子_Anytime.jpg
1994年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。格安価格に惹かれたようでした。

アルバムは、90年代の音源からのセレクトで構成されたベスト盤のようでした。充実した内容で、特にシングル曲に勢いを感じました。大半の曲は自身で作詞を手がけていました。

曲としては、マイラバあたりに通じる小林武史作編曲「My Sweet Home」、鈴木祥子作の珠玉のバラード「優しい雨」、見事な演奏が曲をさらに引き立てる「あなたに会えてよかった」、井上陽水・奥田民夫コンビならではの「月ひとしずく」、アコギソロが聴ける鈴木祥子作「あなたがいた季節」といったあたりが、特に気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
ANYTIME


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

荻野目洋子 / POP GROOVER The Best [CD]

荻野目洋子_PopGroover.jpg
1987年リリースです。2008年にCD購入して聴きました。

いつものように中古CD漁りをしていて見かけたものです。音源確保にはうれしい格安価格に惹かれたようでした。

アルバムは、1984年から1987年までにリリースされたシングル曲を中心にセレクトされたベスト盤のようでした。打ち込み主体のダンスサウンドが幅を利かせていますが、メロウ目の曲も含まれていました。編曲陣は米光亮、馬飼野康二、船山基紀、西平彰、新川博、武部聡志、鷺巣詩郎、清水信之といった面々が担当していました。

曲としては、デジタルサウンドにアコギが映える「心のままに~I'm just a lady~」、伸びのあるギターソロが聴ける「夏のステージ・ライト」「さよならの果実たち」、お目当ての松原正樹のギターソロが聴ける「六本木純情派」といったあたりは、それなりに気に入っていました。


◆Amazon.co.jpへのリンク
POP GROOVER


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽